CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 一花一様 | main | 多肉の花 >>
&フェスvol.3やります!【4/29:気仙沼・唐桑花見フェス 〜唐桑の大きな桜の木の下で】


『気仙沼・唐桑 花見フェス〜唐桑の大きな桜の木の下で』、またの名を『&フェスタ@気仙沼・唐桑vol.3』がいよいよ今月末の4月29日に迫ってきました。

これは2月に浅草で行った「&フェスタvol.2」の収益の一部と集まった募金をもとに、私たちが応援している唐桑の地域の人達とお花見をやろう、というもの。



【スケジュール】
「&フェスタvol.3@気仙沼 〜唐桑の大きな桜の木の下で」
日時:4月29日(日)12:00スタート〜暗くなるまで
   13:00〜 ライブ: You-suke
   14:00〜 ワークショップ「フラワーケーキをつくろう」
   15:00〜 ライブ:一期JAM

場所:「老人憩いの家」前広場の桜の木の下
    宮城県気仙沼市唐桑町鮪立165-1

宿泊:「老人憩いの家」の広間
   前日入りする人は2泊可能です。
持物:寝袋、防寒具(かなり4月でも寒いです、冬並みの格好で来てください)
   マイ箸、お皿、コップ、フキン、金、懐中電灯(ある人はヘッドランプ)
予算:行き帰りの交通費、食費、お土産代くらいかな。
集合:基本現地集合・解散
  (車でいくので便乗していきましょう)
   ※花見当日のみの参加も可能
準備:前日28日朝、関東出発組は夕方現地で買い出し、下準備等を行います。
   当日、朝起きてから料理の仕込み。

陸前高田なども車で15分程度の場所なので、帰る日の30日に廻ってかえれたらと思います。

***********************************

前回の「&フェスvol.1」直後に炊き出しにいったのが去年の4月末で、ちょうど一年前。まだ震災の爪痕も生々しく残り、これからの未来どころか数週間先の暮らしも読めない過酷な状況の中で、地元の人達は狭い避難所の中で避難生活を余儀なくされていました。私たちが到着した日はちょうど桜が満開を迎えていました。震災後、初めてお酒を解禁してお花見をしたといい、少し酔っぱらって陽気な姿で私たちを出迎えてくれました。私たちには計り知れない辛い経験をしてきているのに、それを一切私たちに見せずにたくさんの笑いとともに対応してくれた彼らの姿がとても印象的でした。別れ際、「今度は美味しいもんつくって待ってるからね」「ぜったい遊びにくるんだよ」と言って見えなくなるまで手を降ってくれました。

震災から一年が経って、今、私たちができることはなんだろうと考えます。彼らが一番喜んでくれるのは、物でもなく、お金でもなく、私たちが彼らに会いにいくことだろう、と私たちなりの答えを出しました。前回みんなを代表して現地に行けたのは7人でしたが、今回はもっともっと仲間を連れて、今年こそは思い切り花見を楽しみたいな、と思いました。

イベントでも呼びかけ、お花見に行きたい人は唐桑に集まれー、と声をかけたところ、総勢20人を越える仲間が集まりました。その中には、イベントでパワフルな演奏を見せつけてくれた一期JAMのメンバーもいます。現地でジャンベのライブを行うことが決定しました。

またかねてから噂はかねがね聞いていた地元のおばちゃんたちの人気者で、東北で幅広くライブ活動を行っているアーティストのyou-sukeくんと「じいちゃんの海プロジェクト」、そして唐桑の歌を歌う演歌歌手の絢香ちゃんもイベントに参加してくれることが決まりました。

彼が立ち上げた「じいちゃんの海プロジェクト」は、唐桑をテーマにした歌を作って唐桑を応援していて、CD「じいちゃんの海」は、炊き出しで出会ったおじちゃんが表紙を飾っています。
you-tubuでも映像が見られるので、歌をみんなで覚えていって一緒に歌えたらいいなぁ。

そこにあるのは青い青い海〜♪ じいちゃんの海♪


前回もお世話になった唐桑・鮪立の地域の方々が告知など全面的に協力してくれて、地域をあげてのイベントとなりそうです。

***********************************

そうなるとやりたいことがむくむく涌いてきました。

私たちと唐桑がこれからも「&」でつながるためにしたいこと

★料理編★
【うまいもんは漁師たちに聞け】
 おいしい魚料理はいくらうちらがあがいても、地元の人には太刀打ちできないだろう。ここはあきらめて、地元の漁師やお母さんたちに料理を教わろうという目論み。
あら汁、ホヤ、ワカメのしゃぶしゃぶ!なんてものもあるらしい。

【その代わりといってはなんですが】
地元の人達が食べないアウトドア料理を披露。ただご年配や子供も多いので、あまり刺激が強すぎない味でね。
一例:アウトドア料理
   →ダッチオーブンを使った魚をオリーブオイルで煮た"アクアパッツァ”
   →熱々ピザ
   →ネパール風蒸し餃子“モモ”
   →スペインオムレツ
花柄ののり巻なんかつくるのもみんなでやったら楽しそう。

【東北のお酒と&フェスタチームオススメ酒の酒比べ】
日本酒は、なんといっても東北のお酒がおいしいですが、関東にもおいしいお酒ありますよね。持っていって、みんなで飲み比べしましょう。あちらの方達は強そうなので、飲み過ぎないように注意しながら。

★お花編★
【ワークショップ「フラワーケーキ」(30分程度)】
&フェスタで、花のワークショップをやりましたが、お花は見ているだけでなんだか明るい気持ちになれます。訪ねた仮設住宅の殺風景さも気になったので、部屋に少しでも華があったらいいなと思いました。

&フェスタで活躍した手芸&フリマチームに手伝ってもらって、フラワーケーキを作るワークショップをやりたいと思います。
やり方は、ケーキ型の器にオアシスを詰め、その上にプリザのバラの花やビーズなどをさしてお花のケーキに見立てるという簡単なもの。

★情報誌編★
【&カラクワ観光案内所】
唐桑とこちらの情報が継続して共有できるような、年数回発行の新聞を作りたい、という妄想も。半分が唐桑情報、半分が&フェスタ関連の情報など。

内容:
・”地元のここが自慢!”“わが町のアイドル”などをみんなで手分けして聞き出し、唐桑よいとこ観光案内所
・唐桑の方言講座
・ぽれやぁれ”えまちゃんによる唐桑食材を使ったおいしいレシピ(本人の承諾はまだ得ていませんが・・)
・写真館(花見で撮った写真など)
・唐桑イラストマップ

★記録編★
【家族写真館】
・炊き出しをしたとき、家とともに思い出も流されてしまったけど、と大事そうに見つけ出した一枚の写真をみせてくれたのが、とても記憶に残っています。
なかなか家族で写真を撮ることもないだろうから、桜の木の下で家族写真を撮ってあとで送るのもいいなあ、と。

【映像】
今回花見にいけない人たちもいるので、お花見の様子やライブなどを映像に撮っておいて、ネット上で見られるようにしたい。
  
ひとまずそんなところでしょうか。なにか協力してくれることがあればお願いします。
| 東北←→東京『&フェスタ』 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanzuri.shigusa.net/trackback/1614897
トラックバック