CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 気仙沼・唐桑花見フェス 報告①               〜&フェスタvol.3 唐桑の大きな桜の木の下で〜 | main | 気仙沼・唐桑花見フェス 花のワークショップ報告③      〜&フェスタvol.3 唐桑の大きな桜の木の下で〜 >>
気仙沼・唐桑花見フェス 報告②               〜&フェスタvol.3 唐桑の大きな桜の木の下で〜

気仙沼から帰ってきてからすごくうれしかったのが、一緒に訪れた人達がいろんな感想を寄せてくれたことでした。
その誰もが、唐桑に行けて本当に良かったと言います。いくら言葉で説明しても伝わらないことがあるけど、それが一瞬で伝わった感じ。こつこつ小さなアイスピックで削っていた氷が一気に溶け、メンバーの想いが一つになったような気がしました。現地にいってはじめてわかることがたくさんあります。映像で見ていても、その場所に立たないとわからないことがあります。顔を見て話をしてみないわからないことがあります。

東北に初めていったけど、東北が大好きになりました、と一期jamのブログに書いてありました。
ある友達はこれからの目標が決まった、と言います。一緒に言った友達は、いまさらだけど自分が何も震災のことについて知らなかった、ということに気づいたと話してくれました。ゴールデンウィークだというのをいいことにこの連休は引きこもって、震災について調べ尽くせるだけ調べ尽くし、映像を浴びれるだけ浴びて見たい、と言っていました。これから残された人生をどう生きようか、本気で考え始めているようです。震災から1年以上経っていますが、彼にとっては今回の花見の日が、人生を変える大きな1日だったようです。

関わった仲間たちがブログやHPで花見レポートを載せてくれているので、出来る限り紹介していきたいと思います。

【you-suke】
ブログ:you-suke

今回の花見を聞きつけ、参加を申し出てくれたシンガーソングライターのyou-sukeくん。「じいちゃんの海」という歌を応援ソングとして作り、気仙沼を初め各地を回って歌で被災地の人々を応援しています。「じいちゃんの海」は私たちも知っている鮪立のおじちゃんがモデルで、ばっちり歌も覚えていったのでみんなで合唱し大盛り上がりしました。

【バセルバジョン】
ブログ:バセルバジョンの音返し

演歌で地元のおじちゃんの心を鷲掴みにした、カホン、さんちゃん。


花咲かちびっ子とバセルバジョン。


「こんな洒落た音楽聞かせてもらって」とみんなうれしそうに聴いていました。


【一期JAM】
ブログ:一期JAM

東北女子2人が先陣切ってジャンベをたたき出します。いつ見てもパワフルな演奏とはじける笑顔がすてきです。


真っ赤なリボンがトレードマークのあやこさんも、思わずジャンベをたたき出す。


力強い演奏の一期JAM,男性陣。

【toi】
ブログ:toi memo


革細工のいつもかわいい小物を作ってくれる、ものづくり屋のtoiちゃんはみんなの似顔絵を描きました。「俺も、俺も」と行列ができていました。


唐桑の看板娘、あやこさん!


つやつやお肌の鈴木さん。


木みたい、という村上さん。


海のような目をした、ひろゆきくん。


私とよっぱらい同盟を組んだ、村忠さん。

【tunagu soap】
ブログ:tunagu soap
&フェスタで手づくり石鹸を売っていたちおりちゃん。イベントで売れた数と同じだけの「&石鹸」を被災してがんばっている女性たちに届けました。ちおりちゃんの石鹸は使うと、手放せなくなるのだ。彼女たちが使い終わってしまう前に、また届けにいかなければねぇ。

| 東北←→東京『&フェスタ』 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanzuri.shigusa.net/trackback/1614909
トラックバック