CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 高円寺あわ踊り | main | 益子の子 >>
フラワーレッスン「夏の花輪」報告@麻よしやす

「八ノ花市2カイメ」を開催した吉祥寺の「麻よしやす」さんでフラワーレッスンをしました。9月1日で暦の上ではすっかり秋ですが、まだまだ暑い。残暑を乗り切ろうとテーマは「夏の花輪」です。カットしたレモンを使い爽やかなアレンジに挑戦です。


花の仕入れは大田市場までいったのですが、前日朝6時すぎについたときにはすでに並んでいる花の数がいつもより断然少なく、完全に出遅れてました。肝心のグリーン系がほとんどなくて焦る。運良く知り合いの先生に会い、アスパラミリオグラタスを分けてもらいました。それと千日紅も。すごく助かりました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
揃った花材は、
<グリーン>グニユーカリ、アスパラガスミリオグラダス
<花>セダム(弁慶草)、セロシア(鶏頭)、オミナエシ、千日紅、ミニバラ(白)
<+>アロマティカス(多肉植物)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(奥は当日お手伝いしてくれた八ノ花メンバーの”まゆまゆ”。高齢者を対象にしたアレンジ教室で教えてることもあって、すっかり講師職が板についてます)

参加したのは全部で10人。友達やお店の常連さんで一つのテーブルを囲んで行いました。最初にアスパラミリオグラタス(いつもはふわふわしているのに、今回は松のようにピンピンしていました)でオアシスをカバーして、あとは自由に挿していくだけ。と、聞こえは簡単ですが、アレンジが初めての方も多く、最初はどこに挿そうか戸惑い気味。でも一端ハサミをいれてオアシスに挿しだすとみんな脇目もふらず、すごい集中力でした。どこに配置しようかうんうん唸っている人もいれば、何の迷いもなくブスブスと豪快に挿していく人もいました。やんちゃ盛りの子どもたち2人も遊びにきてくれて、みんなの周りをにぎやかに駆け回ってましたが、それも気にしてなくって、可笑しかったです。出来上がりは、不思議なことに同じ花材を使っていてもぜんぜん違う作品に仕上がっていました。一つひとつにすごくその人の性格が現れていました。


秋の七草"オミナエシ"の黄色とレモンがアクセントに。シダ使いが上手。


赤く色づいたセダムをバランスよく配置しています。グリーンの中に白を置いているので白さが際立っています。


ベアグラスを使ったおしゃれなアレンジ。


「麻よしやす」の美味しいごちそう
【特製ライムミントソーダ】

今回のレッスンのテーマに合わせて何かオリジナルドリンクを作ってほしいな、というムリなお願いを「いいでしょう、やってみましょう」と男らしく(笑)引き受けてくれたマスターじんじん。爽やかなミントとライムを組み合わせは喉ごしがいい。さすがショウガ使いの名手! お土産に持たせてくれた手づくりのジンジャークッキーも心がこもっていました。

【麻よしやす自慢のひき肉のカレー】

こちらはお店の人気メニューのカレーです。ぴりっと辛いけどうまい!付け合わせのピクルスは刺激が強くて何度かむせました。でもおいしい!そうです、焦らずゆっくり食べればいいのです。

【おまけ】

大人しく読書の秋(!?)。
| 花遊びの日々『八ノ花』 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanzuri.shigusa.net/trackback/1614954
トラックバック